週末息子と見る映画

週末の息子と見た映画の感想を語って(?)ます。

056 続・嗚呼、青春の日々・・・

いらっしゃいませ。

本日も『週末息子と見る映画』に遊びに来て下さりありがとうございます。

子供たちがサンタに手紙を書き始めた5児の父KONMA08です。

三男(小1)「サンタさんがくる日に牛乳とミルクおいてたら飲んでかえるねんて」

長女(小3)「どっちも同じやん」

三男「え!?牛乳とホットミルクやったっけ?」

長女「ちがうやん。牛乳もミルクも同じやろ?」

三男「おなじちがうで。ぎ・ゆ・う…(指で数える)…5こ。

   み・る・く…3こ」

長女「なんの話?」

三男「だからサンタさんが寝る前にのんだらいいの」

長女「話わからんわ」

・・・

・・・三男よ。ミルクとクッキーやで。

 

前回のKONMA11・・・

『恋愛映画11』

 

監督:ブリジットジョーンズの日記

FW チャイニーズ・ゴースト・ストーリー

   ゴースト/ニューヨークの幻

MF マネキン

   愛しのロクサーヌ

   ある日どこかで

 

というところで終わってましたが。

  前回のKONMA11のブログです↴ 

konma08.hatenablog.com

 

さっそく続きを発表しますね。

 

監督「じゃあDF。左サイドが

恋におちたシェイクスピア(1999年公開)

アカデミー賞を受賞した泣く子も黙るサイドバック映画!

1人劇場に観に行きこの作品の恋におち寂しくて泣いたさ!!

 

監督「右サイドが

『恋しくて』(1987年公開)で」

当時青春映画といえばJ・ヒューズとスクールカーストなDF!

M・S・マスターソンのいじらしさに男友達と劇場で泣いたさ!

 

監督「センターバック

『セレンディ・ピティ』(2002年公開)と」

ドラキュラでないノーマルなK・ベッキンセールのいかにも映画なすれ違い偶然・運命の出会い系DF!

劇場内のカップルを見ながら映写機を回してたわいっ!

 

監督「同じくセンターバック

『恋愛小説家』(1998年公開)と」

J・ニコルソンとH・ハントの主演二人がアカデミー賞W受賞な無敵のDF!

1人場内で微笑んで鑑賞してたよ…1人で。

 

監督「もう一人

『君は僕をスキになる』(1989年公開作品)

山下達郎の『クリスマス・イヴ』が流れれば誰だって泣くDF!

当時の彼女と観にいってん。ウフフ…

でも、その後二度と会うことはなかった…

何があったのか?08人生最大の謎である…。

 

監督「そして最後はGK。

シザーハンズ(1991年公開)

両手のハサミで飛んでくるボールを切り裂く伝説のGK!

普通に女友達と鑑賞。私の黒歴史が終わる…

 

さぁベストメンバーが揃いましたね。

何か興味のある気になる作品はありましたか?

え?どんな作品か良く分からんっ!!

ですよねぇ~。毎回申し訳ないです。

みなさん御存じのとおり文才がありませんので私のかもしだす雰囲気で感じ取ってもらえればええかなぁと。 

    f:id:konma08:20171209231151j:plain

「ふ」と思ったんですが私が今まで発表してる適度に古い(byむ~さん)作品って実は読者の方の生まれる前の作品だったりするんですねぇ(涙っ)

ガチョーン吉田くんのお父さんですわ。

 

前回も書きましたが今の恋愛映画がどんな作品か知らないんですが今回選出してる作品が上映されていた昭和という時代にはスマホやインターネットはもちろん携帯電話もない時代背景がありまして。ですのですれ違いや偶然の再会などに運命的なものを感じドキドキ妄想してたのでありまする。

毎度のことながら今回もきっと選び忘れてる作品があるんです。

でも今頭の中に浮かんだ作品なので今回もこれで決まりです。

みなさんの11は何ですか?

次回の11は『SF/ファンタジー映画11』です。

興味があれば、また遊びに来て下さいね。

過去のKONMA11に興味のある方はカテゴリーの『ベスト11』からどうぞ。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

またお時間のある時にでも遊びに来て下さいね。

コメントなどもらえると嬉しいです。