週末息子と見る映画

週末の息子と見た映画の感想を語って(?)ます。

111 独りで見た東映まんがまつり?【キャプテンハーロック】ほか

いらっしゃいませ。

本日はお忙しい中【週末息子と見る映画】に遊びに来て下さりありがとうございます。

5児の父KONMA08です。

 おぉ~!この記事でだいたい111記事め~!!

ふぃ~ば~!ふぃ~ば~!!

…今は『フィーバー』なんて言わへんのかな??

んな訳で。どんな訳か分からんけれども

久しぶりに日本のアニメ作品でも見るか~…とTSUTAYAへ。

『そういえば見てなかったな~』と

かのタイタニックの監督J・キャメロンが絶賛した東映CG作品の

【キャプテンハーロック(2013年公開)を見た。

うん…彼が絶賛したのはきっとヴィジュアルだけなんやろな…。

という訳でみなさんはキャプテンハーロックという未だに結婚したい男子No.1の彼のことを御存じでありましょうか??

私の中でのハーロックはTV版ではなく映画銀河鉄道999】(1979年作品)に登場する彼がそうなんです。

 機械人間にボコボコにされた鉄郎が奪われた戦士の銃を取り返すために酒場に行く。

そこでも機械人間にボコボコにされそうになるがハーロックが登場!!

『おやじ。ミルクをくれ』

※一度鉄郎がこの酒場でミルクをたのむが機械人間に笑われるシーンがある。

そのミルクを鉄郎をボコボコにした機械人間の口につっこむ!!

なぜ助けてくれたのか尋ねる鉄郎に

『友の墓を作ってくれた』

ひゃ~っ!!

そして最後の鉄郎が独り奮闘する戦闘シーン。

『男とは負けると分かっていても戦わなければならない時がある…

 鉄郎はそれを知っている…』

との名言を残し自ら先頭に立ち鉄郎を援護する!!

友のためならたとえ火の中水の中…

これが私の知っている私の好きなハーロックである!!

999の劇中で彼が出てくるのはたかが5分ほど。

だがその僅かな時間で友のためなら命をかける魅力的な印象を残す。

…なのに今回のハーロックはどうだろか??

全く新しい物語として作られてる…としよう。

999のハーロックを知らない方が楽しめるのか??

タイトルロールであるハーロックが何者か良く分からないし何故みんなが寄って来るのか?魅力を全く感じなかった…。

そして何よりもハーロックへのオマージュを全く感じれませんでした…。

 

末っ子(5歳)が部屋に入るやアルカディア号(ハーロックが乗る船)を見て

『ゴキブリ~!?』って。

ハーロック指数…3%

少なくとも私の知っているハーロックではなく【はぁ~?6??】でした。

声が井上真樹夫やったら少しは…どうやろ??

 

そして性懲りもなく新生東映CGアニメの

聖闘士星矢(2014年公開)を見た。

まぁ原作でも人気の12宮の話をモチーフにしておりますが…。

これもまたキャラが確立されてなかったといいますか…。

この短時間ですからしょうがないのかなぁ。

とか思いつつクロスのCGはメタリックな質感が出てて良かったですが作者である車田正美が全くなくなってしまってて…。

こちらも前作に対してのオマージュを感じれませんでした…。

もっと盛り上がってもよさげな展開やのに…音楽がなんかね…。

せめてラストバトルでペガサス幻想の歌が流れていれば。

 

末っ子が部屋に入るや星矢を見て

『いもむし~っ!?』って。なぜイモムシ??

小宇宙(コスモ)爆発指数…8%

爆発してませんでした…小宇宙…。

車田ファンのおっさんとしては熱さが足りません。

 

あぁ物足りない物足りないなぁ~新生東映CGアニメ!!

こうなれば小学生の頃ハマった石ノ森でサイボーグなこの東映アニメ

サイボーグ009 超銀河伝説】(1980年公開) でお口治しや!

もうとにかく全身武器だらけの004ことハインリヒのカッチョよかったこと!!

と…その思い出だけで久しぶりに…実に30年振りぐらいに観賞してみれば…

あれ? あれれ?? レレレのおじさん??

と思うぐらい全篇これ昭和枯れススキかいなと。

こんなに昭和メロドラマ臭いアニメやったっけ??と。

もうごめんなさい。挿入曲には笑ってもうた。エンディングの【10億光年の愛】は好きやけどね。

でもハインリヒは相変わらずカッチョよかったからええか!!

 

末っ子が部屋に入るや009を見て

『だれ~!?』って。

昭和東映ドラマ指数…98%

ホンマね…昭和のメロメロメロ~ドラマを見てるようでした。

なのである意味一番ショックな作品でした…。

f:id:konma08:20190114163548j:plain

今度は銀河鉄道999【クラッシャーJ】を見ようっと。

 

 

本日は最後まで読んで下さりありがとうございました。

またお時間のある時にでも遊びに来て下さいね。